読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

また、明日。

マイペースにやってます。

『家族無計画』 紫原明子

少し前にTwitterを眺めてる時に紫原明子さんのエッセイが「今なら無料で」という文字とともに流れてきた。誰かと思ったけど、旧姓を見てピンときた。結婚してたなんて知らなかったわー。それでなんでエッセイストなの?と最初はかなり失礼な気持ちで目を通した。

 

不倫と焼肉の話だったのだが、経験からくる率直な意見が「え、そこまで!?」というほど赤裸々に書かれていた。その割にすっきりした語り口が印象的で、そのあとは検索しまくってwebで公開されているものを読み漁った。と同時に、表題本のKindle版が出るというので即購入。1週間ほどかけてじっくり読んだ。 

 

家族無計画

家族無計画

 

 

かなり激動の結婚生活だったと思うし、それら全てを消化しきったわけでもないだろうが、書き記された言葉の数々は「軽やか」で「丁寧」。この人、きっとたくさん本を読んでるんだろうな、雑誌やwebに書かれた記事やたくさんの人たちの意見に触れているんだろうな、というのがよくわかったし、そのうえで綴られているというのもよく伝わってきた。そしてそこにある「腹をくくった感じ」がとても好感を持てた。

 

珍しくたくさんハイライトした。共感した部分や、誰かに聞かせたいと思うような言葉、心に留めておいてじっくり考えたくなる事柄などなど。「これこれ、そう!」などとノリでキャッキャいうような内容でもないし、年齢もこれまで辿ってきた道も異なる。でも「平日にかまってあげられない分、休日の家族サービスをしていたら過労で倒れた」なんて、他人事じゃない。とてもわかる、その気持ち。いや、切実な現実だ。

 

どうやって生活を維持し、子供たちを育て上げ、自らも社会人としてアップグレードしていくのか。これは働くお母さんとしては切実な問題であり、日々直面する現実でしかない。今後、彼女がエッセイストとしてどのように進化し、どのような言葉を綴っていくのかとても楽しみ。

 

そんなわけで紫原さんのブログを読みつつ、今日はパンを二つも焼いてしまった。明日のおやつはハムチーズロールです。