また、明日。

マイペースにやってます。

なかなか難しい小宇宙、それが弁当。

毎朝息子のためにお弁当を作っている。給食も学食も購買もないので仕方がない。お弁当屋さんにお願いすることはできるけど、あとで精算しなくちゃいけないし、1食100バーツ(だったと思う)なんて随分と贅沢すぎるし続かない。

 

いつも 朝5時に起きて手を洗い、顔洗い、猫のごはんをあげ、そこからお弁当に取り掛かる。土日に 作り置きしておくものもあるので 実際にかかる時間と手間はさほどでもないが、金曜日になるともうネタ切れだ。そんなときにはチャーハンかオムライスになる。息子は好きなものなら毎日食べたい人なので文句を言わないから助かる。

 

そういえば、子供の頃に食べたお弁当に何が入っていたかあまりよく覚えていない。母が作るだし巻き卵の味があんまり好きではなく、卵焼きが入っているとがっかりしたのはよく覚えている。けれど他のおかずはどうだったか、全然思い出せない。

 

息子には「ハンバーグいれないで(←ハンバーグが嫌い)」「唐揚げイヤ(←最近食べられるようになった)」などと言われているため、煮物やさっと焼いたお肉程度が多くなってしまう。それだと嵩がないし腹持ちもよくないので結構大変だ。好きなものを揃えていくつも入れてあげようとしても、弁当箱には限度がある。

 

かんたん! ラクチン!  作りおきの野菜おかず 205

かんたん! ラクチン! 作りおきの野菜おかず 205

 

ベーシックなレシピが多くてハズレなし。めちゃくちゃ重宝してます。

 

てんきち母ちゃんの 朝10分、あるものだけで ほめられ弁当

てんきち母ちゃんの 朝10分、あるものだけで ほめられ弁当

 

すごくすごくすごく困ったらこれ。チンで仕上げるものが多いので、他のことしながらできるからいいです。

映画 『聖の青春』

ずっと気になってて、ようやく見れた作品。

 

 将棋が大好きで大好きで、大好きがゆえに延命よりも将棋のそばにいることを決めて生き抜いた”羽生世代”といわれる若手棋士村山聖さんのお話。

聖の青春 [DVD]

聖の青春 [DVD]

 

個人的には、村山さんのご両親はなぜ治療することにもっと積極的にならなかったのだろうか、本人も「将棋と寄り添っていたい」のならば何故もっと健康管理をしなかったのか。そこがどうしても理解できなかった。それとも、長くない命と知ってたからこそ、太く短く燃やすことを選んだのか。

 

私も子どもがいるけれど、自分の子にあそこまで好きにさせてあげられる自信はない。ただ、映画で描かれた以上にご本人が自立して生きることを望んでいたり、ご両親も難病によって先行きが見えにくかったのかな、とかとか色々と考えてしまった。(このあたり、原作本読むとわかるのかな)

 

それにしても将棋の世界(勝負の世界)はなんと厳しいものか。全く知らなかった将棋の世界、あんなに裾野が広く、なおかつ熾烈な「実力勝負」があり、力のある人は許される世界であり、多くの人が虜になるドラマがある。その中でも村山さんは病気を抱えながら、破天荒な強さで注目を集めていく。すごい、この人。酒の飲み方も将棋への集中力も、そして生きることへの向き合い方も。「執着」が将棋の名人になることで、生きながらえることではなかったことが驚きだった。生きてなかったら名人になれないのに。

 

かといって破滅型思考というわけでもないし、独特の思想があったんだろう。まだまだ若かったし、そういうことを言葉に残すすべも持っていなかったのかもしれない。そんなに自分の命をかけられるものがある、というのはちょっとうらやましい気もするけれど…。だからこそ「伝説の棋士」なんて呼ばれるんでしょうけれど。

 

それにしても残される方はつらいですね。思い出すことはあっても、それに勝つことはもう叶わないから。

www.buzzfeed.com

 

この映画で将棋というものの熱気に当てられ、父に教わって将棋をさしてみたりしたのですが、なかなか勝つのは難しく、先を読むのが難しく、将棋の醍醐味を味わえるようになるまでの道のりは遠そうです。。。

 

で、このアプリでちまちま練習中。

play.google.com

  

たまこ、乳がんかもしれないってよ

毎年、会社の定期検診でマンモグラフィと胸部の超音波検査があるのだけど、今年はじめの定期検診でひっかかった。とは言え、以前にも引っかかったことがあったので、「またか」と思っていた。そして言われるままにその日のうちに専門医に見てもらうことになった。こういうところ、すごくスピーディーでタイの総合病院は大好きだ。

 

それで専門医の診察をうけたのだけど、ものすごーーーく小さいけど疑わしいしこりがある、という。あまりに小さくて専門医でも今すぐ判断がつかないが、もしかすると乳がんの可能性が捨てきれない。この大きさなら今すぐどうこうということはないので、少し様子を見ましょう、と言われた。結局、その日は6ヶ月後の再診予約をして帰宅。

 

そして再診の日が来たので行ってきました。(前置きおわり)

 

結果として、今回も確定診断は出ず。大きさはほぼ変わらないという。育ってないことはありがたかったが、まだわからんのか!と少々がっかり。サクサクいこうぜ、サクサク!と思いつつ、脳内で(日本でかけてる保険は女性向けのやつだったよな、乳がんの治療費まかなえたかな)などと考える。

 

医師は「こういうケースでは、4回検査して確定診断を出します。まだまだ小さいし、あと2回検査して様子を見ましょう。次は、会社の定期検診のあとで」と言う。そうね、半年後にはまた定期検診あるからね。少なくとも半年後に、長くても1年後には確定できるでしょう。早く決めてしまいたいけど、保険内容の確認や治療費の相談がその間にできるわけだから、これから確認していざという時のための準備をしていこう。

 

私の周囲には乳がんサバイバーが何人かいて、子供の時からなんやかんや話を聞いているのであまり抵抗がない。「え!癌だなんて!」みたいなショックよりも「ああ、私もそうなんだー」「うち、ガン家系だもんなー」という感じだ。逆に、いざとなれば乳がんについて相談できる先輩たちが身近にいるのは心強い、とすら思っている。

 

今回診てもらっている専門医もしっかり説明してくださって嫌な印象は全くない。あの先生のもとで治療することになってもいいか、と思ってるので(医者は腕もあるけど相性も大きい、と思ってるからこれは大事)今のところの心配はお金のことくらいだ。まぁ、それも海外療養費制度でなんとかなるだろう。出産のときにそれも経験済みだ(帝王切開だったので)。

 

正直なところ実際の治療を受けるとなれば色々心境に変化も出てくるだろうし、日本と勝手が違うからあれこれ問題も出てくるかもしれないけど、今のところは平常心で受け止められている。

 

そういえばITP(特発性血小板減少性紫斑病)だけど大丈夫かな、もしも手術することになったら。そっちのほうが問題だ。とはいえ、なんでもなければそれに越したことはないので、早く確定してほしいなぁ、とまた最初に戻るのでした。

 

認定NPO法人 J.POSH 日本乳がんピンクリボン運動

www.pinkribbonfestival.jp

ピンクのくま、かわいいのぅ。かわいいのぅ。

anngleさんの記事 第46回『タイの「Manufacturing Expo」を知っていますか?

最新記事公開されています。

すっかりブログさぼりまくりで、anngleさんの記事公開告知になってますが忘れてないよ!忘れてない!

 

今、ちょっと仕事が…というのもそうだし、私が体調崩したり、息子が体調崩したりですっかり引きこもり状態です。あと、大河ドラマにハマりまくってるのでそれだけはせっせと活動してるけど、他になにもしてない…というのもある。ええ、ある。

 

すいません、言い訳です。

 

 

そんな中、先月の話になりますがManufacturing Expoというものに行ってきました。毎年足を運んでるんですけど、結構今年は変化が見られたりしたのでちょっとそのことをまとめています。

 

anngle.org

 

 

 

anngleさんのコラム 第44回と第45回記事をまとめて紹介!

ここのところブログに手を付けられずにいますが、アクセスしてくださる方がいるようで感謝感謝です。

 

下記、2つの記事がanngleさんに掲載されています。

よろしければご一読ください。

 

最近、タイ料理は全然食べなくなりました。子供の学校はお弁当だしね、お昼は自分のぶんもついでに詰めてしまえばいいので。たまに食べると「おいしいーー!」ってなりますが、それは「誰かが作ってくれたごはん」だからかもしれない…と思ったりするお母さんです。

anngle.org

 

こっちは結構シビアな話ですけど、タイ就職っていうと若い人も多くて「日本人なら誰でもひくてあまた」と思われたりしてるところあるかと思うんですが、そうでもないんですよ…ということです。でも、やる気あればチャンスはいくらでもあるので、ここに書かれていることも含めてよく考えてトライしてもらえたらなーと思います。

anngle.org

タイでの就職を否定しているわけではないので(別に私がえらいわけでもなんでもないし)本気でキャリアのひとつとして検討している人には相談にのります。信頼できる人材会社も紹介しますし、生活設営のお手伝いもしますので、上記記事を読んだ上でお気軽にご連絡ください。

 

tamako99★gmail.com

anngleさんコラム 第43回『タイ人にとって日本旅行はどこまで魅力的であり続けられるか?』

最新記事が公開になりました。

友人とよく「東京都バンコク区だからねー」なんて言うのですが、タイに、というかバンコクに暮らしていると日本のものはすごく簡単に手に入るし、日本料理も気軽に食べに行けるし、日本語メディア(フリーペーパーなど)もあるし、ネットもあるし、海外にいることを感じさせないほど日本にいるときと大差ない暮らしができたりします。これ、逆を言えばタイの人でも日本の情報を入手できて、お金があればリーチできる世界でもあるわけです。となれば、わざわざ日本に行かなくても…。

 

特にバンコクでオフィスづとめをする人たちは英語が(片言でも)できる人は多いので、欧米に足を向ける人が出てきてもおかしくないと思っていました。それが最近、私の周囲で起きていることじゃないか、と思い、今回の記事をしたためました。

 

オニツカタイガー資生堂のパーフェクトホイップもバンコクで買えちゃうし、日本旅行の費用に少し足せば欧州旅行できちゃうんだもんね…。

 

anngle.org